白馬高校の先生が取材にお見えになりました

昨年4月に入社の新人N君

母校の白馬高校から先生が取材にお見えになりました。

 

仕事の楽しさ、厳しさについていろいろ取材なさっておりました。

 

入社当初は挨拶もままならず、ふてくされたような今時の若者だったN君も、私の体罰に近い指導で大分成長しました。

先生もそれは実感されたようで、変貌ぶりにびっくりなさっておりました。

 

「最初は何回もクビにしようと思ったが、今は弊社にとって欠かせない人材です」

と私が言うと、先生は目頭をお押さえになっておられました。

 

ビジネスは他人に必要とされて初めて成り立つもの・・・

自分の先入観だけでは生きていけないですものね

 

今日の出来事でさらに仕事に対する情熱が湧いてきました

白馬高校WEBサイト