壊れた扉を作り直しております

今回は扉自体の自重が重すぎて壊れてしまった扉とスライド丁番という金物を修理いたしました。

扉破損

壊れたスライド丁番

普段我々小さい木工所ではフラッシュ構造というサンドイッチ構造で板を成形するのですが、大手ビルダーさんや
大手家具メーカーさんは効率重視のため、芯材にパーティクルボードという材料を使用しています。

この材料は、チップを薬剤で固めたもので強度があるのが特徴ですが、何しろ重い!!

使い込んでいるうちに、重さで丁番が破損してしまいます。(結構な現場で交換修理したなー何度が丁番を交換したのですが、それでも壊れてしまうので扉自体を交換しようということになり
扉を作り直しております。この現場は老人ホームなので数がたっくさん!!

一生懸命作り直しますね。 効率重視もいいけど、やっぱり手作りも必要ですね

店長千野